精密なピアノ

ピアノの中身を見ると、本当に精密な作りだと実感します。鍵盤を押せば、誰でも簡単に音を出すことができるのですが、そこからが奥深い。

クラシックは、当時の作曲家の心情に思いを馳せながら、現代に音を蘇らせるという、とても繊細な向き合い方を求められます。

1音1音に思いを込めて弾く、これが理想なのですが、ただ目の前の楽譜の音符を追いかけて、音を鳴らしている自分がいます。日々反省しながら、マニアックな世界を楽しんでいます。